skip to main content
Close Icon We use cookies to improve your website experience.  To learn about our use of cookies and how you can manage your cookie settings, please see our Cookie Policy.  By continuing to use the website, you consent to our use of cookies.
Global Search Configuration
  • Close Icon
custom-intelligence-header

どのような調査もお任せください

医薬品産業の調査代行「Custom Intelligence(カスタムインテリジェンス)」とは?

医薬品開発の現場ではさまざまな専門知識が必要となりますが、社内に必ずしもその分野の専門家がいるとは限りません。「Custom Intelligence」では、ご依頼分野における世界トップクラスの専門家(コンサルタント)が調査・分析・報告書作成を代行。深い専門知識とファーマインテリジェンスならではの高精度なデータベースをフル活用し、即戦力となる情報に進化させてお届けします。

 

 

 

調査・分析の例

  • 戦略関連(市場性のある疾患領域の特定、市場動向、収益予測、提携機会の特定など)
  • 開発関連(治験の成功確率、承認の可能性と対策、導入・導出分析など)
  • 販売関連(薬価、償還制度、特許戦略、ライフサイクルマネジメントなど)

 

 


お客様のお悩みを解決します

データ収集1本から大規模な調査まで、さまざまなご依頼が可能です。

お客様のお悩みを
解決します

データ収集1本から大規模な調査まで、さまざまなご依頼が可能です。

このサービスの特徴

Custom Intelligenceが選ばれる理由

1 人材・時間・手間要らずの調査

優れた報告書を作るために、その分野に詳しい社員を雇う必要も、膨大な時間と労力を費やす必要もありません。調査・分析はご依頼分野における世界トップクラスのコンサルタントにお任せください。

2 正しい意思決定が可能に

正確なデータから導き出される分析を開発過程の要所要所でご利用頂くことで、「最良の意思決定」と「利益の最大化」が可能になります。

 

3 次のような調査ご依頼にお応えします

ヘルスケア産業に進出したいが、市場としてポテンシャルがあるか?

より高い償還価格を実現するには、治験でどのような評価項目を設定すべきか?

欧米での新薬販売に向け、薬価設定の基準を知りたい

規制当局の承認を得るための、ベストな臨床開発計画や機会を知りたい

開発中製品の上市までの時間、成功確率、商業的価値のバランスをどう取れば良いか?

開発中新薬の確率調整済みNPV(正味現在価値)はどれくらいか?

私たちが調査を代行します

duncan_emerton

ディレクター(EMEAI)

ダンカン・エマートン

新薬の研究開発、営業、マーケティング、戦略分析など幅広い経験を持つ、製薬分野の専門家。

詳しく読む

timothy_pang

ディレクター(APAC)

ティモシー・パン

先進国および新興国市場に精通。日本の製薬会社での勤務経験もあり、日本語が堪能。

詳しく読む

ly

ディレクター(Americas)

リー・グエン・ジャコー

医薬品産業の市場調査で20年以上の経験。ニューサウスウェールズ大で薬理学の博士号を取得。

詳しく読む

Custom Intelligenceの最新レポート&ウェビナー

 

 

がんネオアンチゲンの探索:最良のアプローチとは?

 

本レポートでは、ネオアンチゲン予測市場を深く掘り下げ、最も優れたin silico(コンピュータを用いた)ネオアンチゲン予測プラットフォームを擁するデベロッパーを特定するとともに、マシンラーニングによって予測アルゴリズムがいかに向上するかを探っています。入手可能な最良の知見と、KOLへのインタビューを通して得られた情報を基に、3つの主要な評価指標(予測能、臨床試験の準備状況およびシステムの強さ)を用いて予測プラットフォームを比較し、デベロッパーを順位付けしています。

 

日本語版

 

英語版

 

 

 


ウェビナー『パイプラインの事業性評価~世界で成功させるための必須要件とは?』

多くの製薬企業がパイプラインの事業性評価を重要視しています。しかし、そのような評価プロジェクトの企画や実施は、特に複数の海外市場を含む場合には容易ではありません。事業性評価の目的を明確にして、いつ、どのように行うか綿密な計画が必要です。

今回のウェビナーでは、米国、欧州、アジア(特に中国)で市場機会の評価を行う際の鉄則をご紹介します。地域固有の事情を考慮することで、評価プロジェクトの費用対効果を最大化できるようになります。

 

00:00~11:16 Custom Intelligenceのご紹介
11:17~52:22
パイプラインの事業性評価について

 

 

 

 

 

 

見積りのご依頼はこちらから

ご依頼内容の簡単なヒアリングの後、見積りとご提案書を提出致します。まずはお気軽にお問い合わせください。

見積りのご依頼は
こちらから

ご依頼内容の簡単なヒアリングの後、
見積りとご提案書を提出致します。

まずはお気軽にお問い合わせください。

レポートストア

医療用医薬品の市場調査・分析レポートを常時1,000本以上、1本単位で販売しています。お探しの情報が見つからない場合は、お気軽にお問い合わせください。


レポートストア

 

レポートストア

医療用医薬品の市場調査・分析レポートを常時1,000本以上、1本単位で販売しています。

お探しの情報が見つからない場合は、お気軽にお問い合わせください。

レポートストア